遊び心が 私たちの栄養です。

ビフォー&アフター

こんなに簡単に美人顔になれる!ヘアスタイルのミラクル現象!
顔の欠点を補うには 顔を包み込む卵型を作り、空いた空間をヘアスタイルのボリュームで補う。
卵型に近づけることで欠点が補われる。
これが骨格補整です。


上記の8枚の写真をご覧ください。正面と横の骨格補正です。
正面の補正写真を見てください。高さが1センチほど高くなった卵型にしてありますが、補正前と補正後の見た印象が明らかに違います。目の位置が 卵型の中心よりやや下に来るように持ってくることで(ゴールデンバランスに近付ける。) 顔の大きさや形がきれいに見えるようになるのです。
 また 正面から見たときには 高さが1,2センチ高くなっただけなのですが、全体の体積は 40パーセント以上も大きくなり、顔が引き締まり、小顔に見える効果が出ています。
 平面から立体にするときに 大きくボリュームのバランスが変化しているのです。写真(平面)に見えてくる変化はわずかですが、全体的には大きく変化しており、骨格の欠点が 見事にカバーされているのです。

Before

パーマが撮れてきたので 中途半端な感じがしている。

After

首が長く、顔が小さいので 首回りに髪の毛を残し、トップに高さを出してひし形のラインに収めました。サイズが7センチ長めになっています。
メイクは眉山を少し内側にし頬骨の出っ張りを目立たなくして 顔の形が卵型に見えるようにしました。

コンサート用のヘアスタイルです。舞台では ロングドレスになるそうです。

さすが声楽家ですね。カメラの前に立つと プロの顔のなりました。ちょっと感動です

Before

ノーメイクの状態です。

After

初めての着付けを体験し、ひもの長にびっくりして見えました。でも仕上がりには満足していただけたようです。髪が短いのでつけ毛を足して 彼女の希望イメージにしてみました。
メイクは 目じり、ほうれい線、口角に出る下降線を消し、色目は最小限にとどめることで ハリとつやを出しました。

髪の毛が長かったので 思いっきり、盛ってみました。

盛り髪は 顔が小さくなり、かわいらしさが出てきます。ただし 重くならないように 軽さを出してみました。

Before

トップにボリュームが出ないために 顔の欠点が強調されていた。

After

トップにボリュームをだし、分け目をかぎ型に取ることで額を広く見せ、顔面の黄金バランスに近づけました。
また 眉山を5ミリ外側に移動することで あごのラインを細く見せています。
全体的な仕上がりは あごから肩にかけてやせて見えるようになりました。

Before

毛量が多いため膨らみやすく、手入れがやりにくかった。

After

ご希望のヘアスタイルは賀来千賀子さんのような軽やかなスタイルをご希望でした。全体に7センチほど長めに設定して サイズを大きめにし、顔、肩がほっそり見えるようなボリュームにしました。
体型の違う人にに合わせるには サイズを大きめにしましょう。そうするとイメージが似てきます。

Before

今までセットしたり着物を着ることはほとんどなかった。不安でいっぱい!

After

トップに高さをだし盛り髪のイメージで作り上げました。今までと違ったイメージになってかわいくなったという感想でした。
綺麗に変身しましたね!


デザイン画をそのまま再現します。